Case症例紹介

DETAIL症例詳細

ボトックス (額)

ボトックス (額)

施術名:ボトックス

部位:額

ボトックスとは:ボトックスの主成分は「ボツリヌストキシン」という製剤です。
この成分は、筋肉の収縮を抑制する効果があり、結果としてしわの改善や筋肉のサイズダウンなどの効果が期待できます。ボトックスで使用されるボツリヌストキシン製剤は、さまざまな国のメーカーから製造販売されています。
中でもアメリカのアラガン社が製造販売している「BOTOX VISTA(ボトックス・ビスタ)®」は、厚生労働省が認可している製剤となっています。

ボトックスの使用目的:主な使用目的としては、表情じわの改善、小顔効果、部分痩せ効果などが挙げられます。特に、額の横じわ、眉間のしわ、目尻のしわなどの表情じわの改善に効果的です。
また、筋肉の発達による顔のボリュームアップや、エラ張りの改善、顎のラインの補正など、顔の輪郭を整える効果も期待できます。さらに、ボトックスは体の部分痩せ効果や、多汗症の改善、肩こり・頭痛の改善など、顔以外の部位にも使用されることがあります。

【部位ごとの効果】

眉間:眉間のシワは怒った時や集中しているときに目立ちます。ボトックスを使用することで、これらのしわを緩和します。注射は筋肉の動きを抑制し、シワの深さ減少させる効果が期待できます。

額(おでこ):額のしわは、驚きや興奮の表情を作るときに特に現れるものです。ボトックスを使用することで、これらのしわを緩和します。

鼻根:鼻根のしわは、笑うときや眉を上げるときに特に目立ちます。ボトックスを使用することで、これらのしわを緩和します。

目尻:笑うときや目を細めるときに特に現れます。ボトックスを使用すると、これらのしわを目立たなくできます。

顎:顎の筋肉は、話すときや食べるときに活動します。ボトックスを使用すると、顎の筋肉の動きを抑制し、顎のラインをよりシャープに見せられます。

エラ:エラの筋肉が発達すると、顔が大きく見えることがあります。ボトックスをエラに注射することで、筋肉の動きを抑制し、顔の形を小さくできます。

口角:年齢とともに口角が下がることが一般的です。ボトックスを使用することで、口角の筋肉の動きを一時的に抑制し、口角を上げられます。

ガミースマイル:ガミースマイルは、笑ったときに歯茎が多く見えることを指します。ボトックス注射をすることで、上唇の筋肉の動きを抑制し、歯茎が見えにくくなります。

肩こり:ボトックスは、筋肉の緊張を和らげる効果もあります。肩こりの原因となる筋肉にボトックス注射をすることで、筋肉の緊張を和らげ、肩こりを軽減できます。

 

【ボトックスの副作用】

  • アレルギー反応が起こる
  • 内出血・赤み・腫れ・痒み
  • 注射の痛み
  • 表情が不自然になる・違和感
  • 倦怠感
  • 左右非対称になる
  • 眼瞼下垂(瞼のたるみ)
  • 嚙む力が弱まる

 

今回モニター様は額のボトックスをされており、写真は額に力を入れていない状態です✨

何もしていない状態でもシワが薄くなり、つやがでています😊

シワが深く刻まれる前にボトックスで予防していきましょう♪

 

 

もどる